2015年01月26日

マイホームへやおつり

屋移りで何といっても一番大がかりで華やかなのは新築の我が家に移ることでしょうね。

念願のマイホームを手に入れ、何とも言えない新鮮な香りがする我が家へやうつりする時の喜びは、長い人生の中でも最高のものでしょう。

大概男はこのような時あまり必用な費用や日程の良し悪しにはこだわりませんが、女はそうは行きません。風水や占いの本なんかをこまめに調べて良い日取りを決め、費用も細かく調べる事が多いようです。

さらに家屋が新築の場合には神主さんを呼び、お払いをして頂くのが定番でしょう。お礼については、午前中のみであれば1万円位で一日の場合には2~3万円が相場です。

所によって異なりますが、大抵はやおつりが終わり落ちついてから新築祝いをします。招待客は棟梁を始め職人さん、それに祝儀を頂いた方を外さずに親戚ご近所さん、友人などがメインでしょう。

新築祝いを要求しているようにとられると困るという事で、新築祝いを頂いた方に限定している地域もあるようですが、祝い事は出来るだけ広く行った方が験が良いでしょう。プラス発想をして出来るだけ多くの人に祝福して頂く方が私は良いと思います。

かく言う私の九州にある実家がある年の強烈な台風に屋根の一部を吹っ飛ばされたのを契機に、弟が新築した時の祝い事もそれはそれはそれは盛大でした。

当時滋賀県で生活していた私も家族全員で帰省したのですが、見た事もない人がかなり来てくれていました。「この人誰や?」と思う人でも真っ赤な顔で100年来の知人の様に祝福をしてくれました。

祝い事は盛大な方が一生の思い出になります。人生には辛い時もありますが、そんな時ふと当時の事を思い出すと大いに元気が出てきて「もう少し頑張ってみるか」てな調子で前向きに歩いて行けます。

いずれその時が来たら、できたら天国へ引っ越しできるようにこの世での行いを間違える事なく準備したいものです。


posted by ミスター at 05:34| Comment(0) | やおつり | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

やおつりの荷造り

1、まずは段ボール箱を用意しましょう。

最寄りのスーパーやホームセンターなどにお願いしておくと、殆どのお店が用意して下さいます。また引っ越し業者には新品の段ボール箱を用意して、やおつり後回収までしてくれる業者もあります。

なのでそれぞれの業者のサービス内容を比較検討してから発注しましょう。梱包の仕上げは粘着テープで補強する事を忘れないようにしましょう。

2、梱包の中身と順番

まずは書籍や電気製品など重いものから梱包し、積み込みを出来るだけ楽に、かつ重心が上がり過ぎて積荷全体が不安定にならないように注意しましょう。

また梱包後その箱の中身を全部書いておくと、開封後中身の振り分け作業が格段に効率化されるので箱の表に中身を細かくマジックで書いておく事をお勧めします。

3.小物類とすぐに使うもの

この2種は種類別にまとめるキットが市販されていますので、まずはそのキットに詰めた上で段ボール箱に入れておくと到着後、中身の分別がとての楽にできます。

4、注意点

何と言っても割れ物の梱包には注意が必要です。場合によっては緩衝材(プチプチをホームセンターで購入してきて、一つ一つ包んだ上で段ボール箱に詰めましょう。箱の外側には「割れ物」と分りやすく書いておきましょう。

タンスは中身をそのままにしたまんま運ばず、必ず出してからダンボール箱に詰めてから運びましょう。その際にも中身が分る様に箱にマジックで書いておきましょう。

電化製品の場合は、特に注意が必用なのは水気のあるものです。特に冷蔵庫は前日に氷を出した上、電源からプラグを抜いておきましょう。できれば洗濯機と共に水を抜いてから運ぶ必要があります。

それと私の場合は電化製品の取扱いに詳しいスタッフの派遣を前もって引っ越し業者にお願いしておきます。新居で新たに接続設定をする時に大変助かります。

それが適わない時は、使用中の電化製品の接続状態をスマホで撮影して保存しておきます。接続する時に役立ちます。

パソコンは精密機械ですから特に注意が必要です。エアキャップ(プチプチ)で頑丈に包んで慎重に運ぶことは勿論ですが、念のためにハードディスクをバックアップしておいた方が無難でしょう。保険に加入する事も選択肢としてありだと思います。

いずれにしても、専門業者にお願いする方が遥かに安心安全ですのでその中でも頼りになる業者さんを選んでからお願いしましょう。

posted by ミスター at 06:25| Comment(0) | やおつり | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

やうつり前に注意する事(1)

私の場合、地方の銀行カードをメインにつかっていましたので神奈川県に引っ越しをしてきた時、その銀行の支店がなくて大いに困りました。

その支店のキャッシュカードに送金先をすべて登録していたので全部新たに変える必要がありました。これがかなり面倒でした。

一番厄介なのは記帳が出来ない事で、正確な支払いや余分な支払いはしていないか確認のしようがありません。こちらに来る前に大手銀行の口座に変更しておけば良かったとつくづく後悔しました。

反対に都会から地方に行くと、大手都市銀行の支店がありませんので、同じ苦労をする事になります。

郵便局の転送届けですが今はインターネットで完結出来ますので早めにしておくことをお勧めします。ITに詳しくない人は行き慣れた最寄りの郵便局で申請用紙に記入して申し込みをして下さい。やうつり先の近くに郵便局がない場合もありますのでお気を付け下さい。

車をお持ちの方で田舎から関東圏に引っ越す方は、駐車場代金がかなり高いのでお気を付け下さい。私の場合は欲しがっている方がたまたまいましたので、車検も近かったし、その方に売却しました。必要な時のみレンタカーを借りる方が格安と判断したからです。でも売却後名義変更をきちんとして頂いたか、確認しておくことが重要です。自動車税を売却先の方に請求して貰う為です。

自転車やバイクも駐車料金が必要なところがありますのでお気を付け下さい。

荷物を減らしたい時は、やおつり前にある程度売却するか、やおつり先で売却する方が良いか調べた方が良いでしょう。或は物によっては購入する時も格安価格が田舎と都会ではかなり異なる品目もあるので、引っ越す前に調べてどうするか決める事をお勧めします。
posted by ミスター at 00:00| Comment(0) | やうつり | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

やおつりの時注意する事(2)

あと気を付けておくことは、子どもさんがおられる方は早めに転校手続きをする事。

また賃貸住宅にお住まいの方は、賃貸契約の解約の条項を再度確認をして家主さんに解約を伝える時期を間違えない事に気を付けて下さい。余分に一月分家賃を払わなければならなくなる事もありますので充分にお気を付け下さい。

固定電話や携帯、インターネットのプロバイダー料金、NHKの視聴料なども、お早目に住所変更や解約手続きしておきましょう。

あと転居先で住民登録をする際に転出届が必要です。
これも引っ越しをする前に区役所などに行って交付して貰ってから、新住所地の役所に持参の上登録して貰いましょう。

運転免許証をお持ちの方は住所地の変更が必要ですから、この時に住民票を1通交付して頂いておくと変更手続きに使えます。ただ手続きに行く前に住所変更がそこで可能か、確認してから行かれる方が良いでしょう。警察であればどこでも住所変更手続きをして頂ける訳ではありません。

住民票の発行には費用が掛かりますので、新住所を確認できる書類1通、健康保険証、身分証明書、新住所に届いた郵便物等でもOKです。

その他電気、ガス、水道を始め、国民年金、国民健康保険、福祉、医療、手当関係の手続きやペットの登録関係、印鑑登録の廃止などすべて完了できるように計画立てて行いましょう。

パスポートの住所変更は必要ありません。理由として外務省の文書には「住所はパスポートの記載事項でないため。」とあります。

posted by ミスター at 00:00| Comment(0) | やおつり | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

中国への引っ越し

昨年末横浜に引っ越すまで滋賀県長浜市である会社の寮監を務めていました。
寮には太陽光発電のパネルの部品を作る会社の中国人実習生が大勢住んでいましたが、第5期の実習生を最後に中国からの派遣が途絶えてしまい、寮は閉鎖されました。

彼らの生活は本当に質素で、給料の殆どを貯金していたようです。
寮の敷地は湖北の広大な土地でしたからその一部を耕し、野菜を作っていました。彼らの一部が中国東北部の農家の出身でした。

タンパク質は琵琶湖の沼地に生息する鮒がメインで、時には鯰も釣ってきて料理していました。肉類は定期的に中国人が冷凍した鳥や豚、牛肉を車に積んで売りに来ていました。私も何度か彼らの中のリーダーが作った料理を頂きました。

中には遠慮したのもありましたが、口の中が火事になったように辛い物が大部分で、慣れるまでは大変でした。でも、慣れてしまうととてもおいしく頂けるものが多く今でも懐かしく思い出します。

中でも帰国後も再来日して電話をかけてくれる袁さんとは、良く外食をしました。彼は中国でも大手の会社の日本駐在員として両国間を行き来しています。

11月半ば全員が帰国しましたが、3年間日本で生活をした割には荷物が少なく最初に2つ3つ国際郵便で送っておいて、帰りのバスにはスーツケースを両手に持ち乗り込みました。

ところが袁さんの場合、日本で購入したTVのどでかいモニターを中国に運ぶ業者が見つからず、空港行きの貸し切りバスに乗る着前まで我々をやきもきさせてくれました。

月まで物を運び込むことが出来る現代に、中国に荷物を送るのにあれ程すったもんだするとは夢にも思いませんでした。

彼等との生活には本当に色々な事がありましたが、最後の最後までやきもきさせられました。でもとても楽しい年月でした。

彼らは皆貯金をし(3年間で300万円貯めた子もいました。)、家族が待つ我が家へ帰って行きました。日本の工場での労働経験が活かせて就職も有利にできます。

私も嵩山少林寺の近くか、陳家構に引っ越しして少林拳や太極拳をゆっくりと学んでみたいものです。

今はマスコミの影響でアジアの国同士は中が良くないですが、人生いずれ天国か地獄に引っ越しする訳ですから一度は海外での生活も良いものですよ。

かつて海外からやって来る若者20人以上のホストファミリーを務めた経験からそう思います。

posted by ミスター at 06:43| Comment(0) | やおつり | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。