2015年01月22日

やおつりの時注意する事(2)

あと気を付けておくことは、子どもさんがおられる方は早めに転校手続きをする事。

また賃貸住宅にお住まいの方は、賃貸契約の解約の条項を再度確認をして家主さんに解約を伝える時期を間違えない事に気を付けて下さい。余分に一月分家賃を払わなければならなくなる事もありますので充分にお気を付け下さい。

固定電話や携帯、インターネットのプロバイダー料金、NHKの視聴料なども、お早目に住所変更や解約手続きしておきましょう。

あと転居先で住民登録をする際に転出届が必要です。
これも引っ越しをする前に区役所などに行って交付して貰ってから、新住所地の役所に持参の上登録して貰いましょう。

運転免許証をお持ちの方は住所地の変更が必要ですから、この時に住民票を1通交付して頂いておくと変更手続きに使えます。ただ手続きに行く前に住所変更がそこで可能か、確認してから行かれる方が良いでしょう。警察であればどこでも住所変更手続きをして頂ける訳ではありません。

住民票の発行には費用が掛かりますので、新住所を確認できる書類1通、健康保険証、身分証明書、新住所に届いた郵便物等でもOKです。

その他電気、ガス、水道を始め、国民年金、国民健康保険、福祉、医療、手当関係の手続きやペットの登録関係、印鑑登録の廃止などすべて完了できるように計画立てて行いましょう。

パスポートの住所変更は必要ありません。理由として外務省の文書には「住所はパスポートの記載事項でないため。」とあります。

posted by ミスター at 00:00| Comment(0) | やおつり | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。