2016年04月29日

自動車保険の重要性

仕事の都合で住み慣れた滋賀県を離れ、横浜にやって来たのは一昨年の12月でした。

娘と息子は以前からこちらに住んでいたので、願っても無い転居でした。
ただこちらは駐車場が大変高い上に数が少ないと聞いていたし、案の定落ち着き先のマンションにも駐車場はあるが空きスペースが無く近くにも空きがないようでした。

娘はこちらは交通網が発達しているから滋賀県程車が必要では無いし、どうしても必要な時はレンタカーを借りる方が遥かに効率が良いと言う意見に納得し、以前から欲しがっていた職場の仲間にゆずりました。

こちらに来て1年半以上になるが確かに車は必須のものではないし、どこに行くにも自転車か徒歩なので随分脚力も回復して来た。

実はこちらに来て驚いたのは脚力が数年前から比較すると極端に落ちている事に気がついたのです。
マンションが小高い丘の上にあるので、自転車でかなりの距離の上り坂を上らないといけない。ところが最初マンションには自転車に乗ったままたどり着けなかった。

それからは毎日自転車で出かけるようにしたところ、かなり脚力が戻って今は一度も下りずに帰れます。

ところが最近娘と息子が滋賀に帰りたいと言うようになりました。私もこちらに来てみて初めて滋賀県の良さが改めて理解でき、琵琶湖や田園の風景がふと頭に浮かぶことが多くなって来ました。

家族で滋賀に戻る事を考えていると、しまったと思うことが一つあります。

それは自動車保険を解約した事です。

事故もしてないし掛け金がかなり安くなっていたのです。だけどまた新しく一から始めなくてはなりません。

こちらに来ても乗る機会は全くないわけではなく、あのまま継続していればよかったと後悔しています。

でもそのうちにそんな事には関係なく滋賀に帰る事になりそうな予感がします。

暇に任せて保険について知識を得ようと考えています。

これです。↓
【関連する記事】
posted by ミスター at 17:04| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

人生最初のやうつりと母の死

私の人生初めてのやうつりは、19歳の時です。
母に買ってもらったボストンバック一つを持って当時の急行天草で上洛し、乳牛が12頭飼育されて居た、嵐山の近くの牧場に落ちつきました。

昨年その母が亡くなりました。93才でした。
九州の福岡県田川郡に生まれ、生家近くの病院で最期を迎えたのです。
母の話で記憶に残っているのはすべて戦後の話ばかりでしたが、一番印象に残っている話は母の兄の話です。

終戦間近に、北海道の千歳基地から大分の宇佐美空軍基地に移動の途中、津軽海峡を渡る輸送船が米軍機の爆撃に会い撃沈されてしまったのです。一緒に居合わせた部下が戦後その時の状況を報告に来たそうです。
「曹長殿は、部下を先にボートに乗せて自分は海に飛び込んで泳いで渡ろうとしたのですが、何分冬の津軽海峡は5分も水の中におれず、皆の見ているところで沈んで行かれました。」

何度も何度も同じ話を聞かされました。長男が戦死し、多くの田んぼを自分一人で耕し、収穫をして姉弟と私の3人兄弟を育て上げてくれました。その時の母の苦労を間近に見て私たち兄弟は育ちました。
ある時、近在の町の田鍬き大会があり何と優勝をして優勝旗を持って帰って来た時の事をよく覚えています。

現金が中々農業の場合入ってこないので、近所の土木作業に出て学校に必要なものを買ってくれました。
市場や隣町に運ぶ野菜が載ったリヤカーを後ろから押してついて行ったものです。

何分男勝りにならないと生活がしていけないので、よく親父と衝突をしてどつかれていました。
京都の私立大学に入学した時、入学金が出来なくて困っていたところ「これが最後やきね。入学祝や!」と言ってポンと現金を渡してくれました。

良くあれだけのお金を貯めていたものです。その恩に報いる為、絶えず複数のバイトをしながら授業料を払い、無事4年で卒業しました。

私が帰郷すると、必ず鯨の刺身とサバ茶漬けそれに自家漬けの高菜漬けを出してくれました。
あれ程うまい食事は関西では食べれなかったし、もう永久に食べられなくなりました。

とてもさみしいです
posted by ミスター at 15:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

やうつり、やおつり、引っ越しはまず費用が気になります。

やうつり(やおつり、引っ越し)は一大事業です。進学や入社、新築に伴って生活の基盤が大きく変化する、誰もが人生で一度は経験する大きな出来事ですよね。大部分の方が多忙な毎日の中でこの大切なイベント?を効率よく、可能な限り楽にしかも格安で成し遂げたいと思っておられるでしょう。

このブログがその為に少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。どうか最後までお読み下さい。

そもそも引っ越しは各地方によって色々な呼び名があり、慣習も異なるようです。因みにやうつりは甲州弁で、やおつりは名古屋弁の様で、言葉だけでなく引っ越し完了後の近隣への挨拶や、新築祝いの行い方も地方によって異なるのです。

いずれにしろ、当事者にとっては生活の激変に対して落ち度なく、しかも費用と時間的に効率よく進めたい気持ちに変わりは有りません。

また日程の都合から何より短時間ですべてを完了しなければならない方もおられるはずです。さらに引っ越し以前に、アパート、マンション、一戸建て住宅探しから始めておられる方も、引っ越し先の住環境のあらゆる情報が必用でしょう。

行政や学校の手続きから関係各機関での住所変更だけでも漏れなく完了するには、緻密な準備が必要ですね。

引っ越し、やうつり、やおつり、リロケーションなど呼び名は色々あり、一番肝心なやおつりの費用ですが、私の場合独身時代はとに角安く上げようと友人をかき集め、ただで協力して貰いました。

しかし結婚してからは流石にそうは行かず、しかもどの様に見積もっても結局は専門の業者にお願いした方が安全、安心、かつ効率的であると気付いたので業者さんにお願いするようになりました。

それでも安く上げようと、知人やレンタカーからトラックを借りたりして、ご自分で運ぶ様にする方は注意しなくてはならない事があります。それは道路交通法です。運ぶ荷物には重量制限や高さ、幅、長さに制限が
ありますし、消防法でも危険物に認定されるものがありますので、物によっては消防署や警察署に問合せをする必要がある物もあります。

このような点からもプロの業者さんに依頼した方が私は楽だと思います。面倒な手間が省けて、あとはご自分のケースに合わせた業者さん選びだけに集注できるから断然効率的です。

しかも一昔前は、メモ帳と鉛筆でタウンページと格闘しながら業者の情報を集めたものですが、PCを手に入れてからは格段に楽になりました。またやおつりの業界も競争が激しくなり、顧客獲得の為のサービス合戦をしていますので、うまく利用した方が得と言う時代になりました。

さらに最近は業者の選択も簡単に比較できる便利なサイトがあります。実際私も昨年末横浜に越して来た時には瞬時に業者を決めることが出来ました。

12月1日から新会社に勤務する事になったのですが、前の会社の残務整理と引き継ぎの為に自分の私的な準備の期間が29、30の2日間しか取れませんでした。29日に荷物の梱包を完了して業者さんがトラックで荷物を運び、私は夜行バスで移動して30日にはやおつりを完了したので家族の助けは全く借りていません。

今回のやおつりでびっくりしたのは、業者さんの一人が10KG洗えて乾燥もするどでかい洗濯機を一人でヒョイと持ち上げ、あっという間に据え付けと設定をしてしまった事です。矢張りプロは違いますね。業者さんに依頼して大正解でした。やおつり専門の業者さんをまとめた便利なサイトのお蔭です。

今回の場合は時間の余裕がなかったので、段ボールやプチプチの緩衝材を無料で用意してくれて後に回収までしてくれる業者さんにお願いしましたが、大手と比較すると価格的にも格安でした。最も業者はこのサイトから選びましたが、費用は会社が負担してくれたので、超ラッキーでした。

posted by ミスター at 06:41| やおつり | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

単身赴任のやおつりは得だ~!

昨年12月から某マンション管理の大手の会社に勤務する事になり、単身赴任する事になりました。もともと家族とは離れて一人で管理人の仕事についていたので、荷物はさほど多くはありませんでした。

それでも前職の勤務がギリギリまで詰まっていたので、一人で準備をするには本当ににせわしなかったです。

何とか全ての梱包が終わり、荷物を運び出すのに引っ越し業者をかなり待たせてしまいましたし、私からすべての鍵を受け取るために来ていた寮の責任者もイライラしながら私を待ち構えていました。

汗だくになって鍵を渡した後、一息つく暇もなく引っ越し業者の積み込みがもれなく完了されたか確認をしてからトラックを見送りました。

それから新幹線の最終に間に合わないので前もって予約していた夜行バスに乗り、横浜に向かいました。早朝に到着したので目的地のマンションに行くには早すぎたので、マクドで時間をつぶしてから、マンションに向かいました。

マイカーは、駐車場が高い事と車検が控えていたし、その車を是非と欲しがる人がたまたまいたので手放してきました。正解だったと思います。

私の場合引っ越しの費用は会社が負担して下さったので本当に助かりましたが、単身赴任の方にはこのようなお得なサイトを見つけました。

もしかしたら引っ越し費用が格安どころかただになるかもしれませんよ!?

↓これです


posted by ミスター at 04:00| Comment(0) | やおつり | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

リユース家具って知っていました?

長年生きて来て今まで色々な事を見聞きして来ましたが、このサイトを立ち上げた為に初めて知った事があります。私自身は結構本も読むし人との交流も決して狭くはない積りですが、まだまだ「えっ?!」と思う事が沢山あるようです。少し考えるとめずらしくも意外でもないですが....

やおつりの時に、次に住むところが狭かったりすると大きめの家具は入らなかったり、或はスペース的には問題ないがかなり古びてしまった事から買い替えたりしたりする事があります。そうすると、いらなくなった家具をどのように始末するか検討しなければならなくなります。

そんな時多くの方が不用の家具を引っ越し先には運ばず、大型ゴミとして回収して貰う事を考えるでしょう。或はまだ使えるものとして考えるならリサイクルショップに購入して貰う事を考えるでしょう。

後者の場合はリサイクルショップが手を加えて再度市場に出す事が当然考えられますが、前者の場合は家具のその後の行先は破棄処分されることしか想像していませんでした。

ところが、自治体によってはゴミ処理場に運び込まれた大型家具を(方法は各自治体によって異なりますが、)市民に還元している自治体がある事に気付きました。自治体は市民が知ろうとする努力をすれば、様々な特典がある事は、私の場合数十年間の市民活動の経験で知っていましたが、これについては全く知りませんでした。

回収された家具を現状のまま、或は自治体によっては改修をして市民に提供している自治体があるようです。提供方法も有料であったり、抽選であったりまちまちです。

昨年末に転入した横浜も各地域でリユース品を市民に提供しています。左カラムのリンクに幾つかの例を掲載しましたのご覧ください。「地域」「リユース」の複合キーワードで検索するとあなたの地域の状況を知ることが出来ますので是非ご確認してみて下さい。
posted by ミスター at 00:00| Comment(0) | やおつり | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。